FC2ブログ

カルマ(業)とカルマアクティベーション(カルマ除去)

Byサードアイ 朱雀

カルマ(業)とカルマアクティベーション(カルマ除去) サードアイ朱雀


カルマ(業・宿業)

 「カルマ」は前世の行いよって課された結果、報いでもあります。前世までの行いの結果が、現世の喜びや苦しみとなって現れるのです。この「カルマ」によって、喜びや苦しみがもたらされ、そしてそれは人の運命を左右する結果ともなります。

 もし前世に、善い行いをしたならば、現世は「楽しみ」という果報となり、悪い行いをしたならば、現世は「苦しみ」という果報となります。カルマは、因果応報の結果をもたらします。どちらも多い人は、苦楽が入り混じった人生になるかもしれませんね。

 因果応報という言葉がありますが、「善い行いをすれば、感謝などの善い行いで返り、悪い行いをすれば、懲罰などの報 いで返る」人のカルマはこんなに簡単ではないのですが、人それぞれ様々なカルマを持っています。今世に於いても、どの様に感じて生き、どの様な行動をした かにまた新しいカルマを作り出すものです。これは今世と来世への影響があるものです。

 釈迦は、原因だけでは結果は生じないとし、直接的要因(因)と間接的要因(縁)の両方がそろった(因縁和合)ときに 結果はもたらされるとする(因縁果)。そこで、縁起と呼ぶ法によってすべての事象が生じており、「結果」も「原因」も、そのまま別の縁となって、現実はすべての事象が相依相関して成立しているとします。

 この世の全てには原因(因)があり、その中に結果が含まれています。悪い結果は原因(因)の中に、悪くなる要素が存在するからです。良い結果がでるのも、良くなる要素が存在します。私は、その原因(因)が気の流れとして捉えます。気の流れは個人特有のオーラを形成し、 その人の様々な人生や運命を形づくっていきます。

 ところで、病気は「カルマの法則」によって引き起こされると考えられています。カルマとは「罪」とか「行為」と訳され、カルマの法則とは「自分のした行為は自分に返ってくる」となります。つまり病気を含むあらゆる苦痛は、自分が過去や前世で作ったカルマの結果であると いうことです。

 病気の中でも生まれつきの障害や難病は重いカルマが原因となっている場合が多く、軽いカルマでも積み重なるとそれに見合った苦しみが科せられると考えられます。医学的な治療は勿論大事ですが、それ以外にも前世から引き継いでいるカルマを無くすことも、治癒との関係を無視できません。

カルマアクティベーション(カルマ除去、カルマの除去)

 カルマアクティベーションとは、悪いカルマを除去し、良いカルマを植えつける作業を言います。カルマはオーラの最外部に位置するコーサル体と呼ばれる層で見ることができます。

 しかし、コーサル体には直接のアクセスができないのです。その二つ下の霊的に不安定な部分アス トラル体へのアプローチにより可能になります。アストラル体は、肉体的な部分や精神的な部分、カルマに関する部分への扉の役目を担っています。

 また、肉体的なカルマがある場合は、コーサル体に刻まれたカルマ肉体の最近層のエーテル体と連動してます。そのため、肉体的なカルマを除去する場合は、アストラル体と同時にエーテル体へアプローチが必要になります。

 カルマアクティベーションは、オーラの各層を見ることのできる霊能者でなければ、不可能とされています。また、それを行うには特別な能力の取得者でなければ不可能になります。

※各個人の持つカルマについては似ていることはあっても、各人違いますから、私朱雀に直接お問い合わせ下さい。(出典)

 

関連記事
スポンサーサイト



Share

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply