FC2ブログ

人生の中で辛い時こそ

Byサードアイ 朱雀

人生の中で辛い時こそ サードアイ朱雀

 人生の中で、辛い時こそあなたにとって何かを得るチャンスです。辛さ・悲しさだけで潰されてしまってはいけません。マイナスの状況でも必ず、逆転する為の要素がいくつか隠れています。

 だけど、もし、辛さ・悲しさに押しつぶされて、落ち込んでマイナスに考えるだけだとしたら、そこから何も得ることができません。

 人はどんな苦しい状況でも、立ち上がり逆転する力を持っています。無理にプラスに間がる事を勧めている訳でもありません。

 悲しい時は、泣いてもいいと思います。だけど、いつまでも泣いていないで、一歩でも歩こうと考えることが、未来につながる第一歩になります。辛くても歩く。先が見えなくても歩く。そういう行動をすることができた時、私もあなたに最大限のお手伝いができます。

 意志がある所に新しい展開が生じます。※停滞の中からは新しい局面は生まれないからです。意志はあなたに新しい局面を提供してくれます。

※停滞の意味は、辛さや苦しみのために、一歩も動けない状態。或いは、動こうとしない状態と捉えて下さい。少しでも前に進もうとする方は対象ではありません。 私がよく目にするのは、霊感のない方が目の前に霊がいる事に気づかずに、霊体の身体を通り越して歩いていることです。れ自体には、何の問題もなく、滅多に憑依される事はありません。

 霊のいる場所には色々あり、主に人間界とパラレルに存在している空間人間界と同一空間とがあります。

 前者の場合は人間には全く影響を与えるがありせません。幽体離脱をした場合はこの空間にいます。しかし、後者の場合は、憑依などの影響を受ける場合があります。

 憑依されて霊的な影響を受けるのは、精神的に参っている時や病気などにより、心身内の気のエネルギーが枯渇している時などです。

 霊的な存在は、心身内に多くの気のエネルギーを蓄積している人を好みません。それは霊的存在は心身に気のエネルギーを多く蓄積している人には跳ね返されてしまう事とプラスの気は陽気といい太陽エネルギーを多く含んでいて霊的存在からすると強烈なものだからです。

 

 霊的存在の立場からすると、かなり居心地が悪いと認識をされます。

 一方、黒魔術日本の呪術の修行者や月を対象に瞑想などをされている場合などの様に、マイナスのエネルギーを敢えて使用する場合は、霊的な影響を受け易くなります。

 また、人は太古の時代から火から多くの恩恵を受けていますが、自らの身体が火によって命の危険に晒される事を霊的存在は本能的に知っていますので、多くの陽気のエネルギーを持つ人を避けるのも納得がいきます。(出典)
 
電話鑑定 メール鑑定

クリックいただければ嬉しいです.
人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング

関連記事
スポンサーサイト



Share

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply